資料館

◆製鉄師の資料館 【絲原記念館】 

 
 記念館は、昭和55年(1980)に開館した、たたら製鉄師であった絲原家の歴史を紹介する資料館です。たたら資料のほか、家伝の美術工芸品や有形民俗資料・古文書などを展示公開しています。
 館は土蔵を模した第1展示棟と、大正11年(1922)に上棟した布団蔵を改装した第2展示室からなります。
 第1展示棟は「たたらコーナー」と「有形民俗資料コーナー」「簸上鉄道コーナー」に区分され、「たたらコーナー」には可動模型のほか、たたらの原材料、用具・製品などが、写真・図面とともにわかりやすく解説展示しています。


 また「有形民俗資料コーナー」には藩政期農民でありながら、松江藩の五人扶持士分格という特異な階級でもあった絲原家に伝わる儀礼用具・嫁入り道具をはじめとする家具調度・什器や衣類などが季節に合わせて展示されています。

 第2展示棟は「美術工芸品コーナー」で、春・夏・秋と年3回の展示替えを行い、2階には立体展示コーナーも設け、松江藩主来駕時の膳部の様子を展示しています。
 主たる館蔵品は松江藩主からの拝領品を含めた、藤原定家筆「明月記断簡」(県指定文化財)、茶聖・千利休筆の書状、大名茶人・松平不昧作の書幅や茶杓、雲州蔵帳登載の茂三茶碗「銘・秋風」をはじめとする茶道具。池大雅筆「指頭山水図」、円山応挙筆「孔雀図」、長沢蘆雪筆「芭蕉図」、田能村竹田筆「梅渓艤舟図」などの円山四条派や文人画を中心とする絵画。松江藩お抱え漆匠・漆壺斎や勝軍木庵作の漆器。明・清・李朝や伊万里焼の陶磁器など多岐にわたっています。


 

企画展開催中


不昧公200年記念
「奥出雲・絲原家に伝わる茶道具の美」
平成30年9月13日(木)~平成31年3月10日(日)
(※期間中12/30-1/3休館)

本企画展では松江藩7代藩主・松平不昧公没後200年を記念し、絲原家に伝わる「雲州蔵帳」の茶道具、不昧公の自作品、御好み茶道具、松江藩ゆかりの工芸・陶芸作品を中心に展示しています。

美術工芸コーナーには17歳で松平家当主となり藩政を改革するかたわら、禅と茶を修め、茶禅一味を提唱、かつ実践した大名茶人である不昧公が描いた達磨画賛「喝」や「無」の掛軸、不昧作竹花入銘「蛙うた袋」、お抱え蒔絵師であった勝軍木庵や小島漆壺斎の作品など約50点。

2階の茶道具コーナーでは千利休が指導して焼かせた利休瀬戸茶入 銘「いその松」や利休が宗安に送った手紙の茶掛軸など約30点。

民具コーナーでは月見や菊見に用いた膳や盃、絲原家に伝わる着物や帯、風呂敷、餅袋などを約50点。

林間散策路“洗心乃路”では紅葉が見ごろを迎えます。106日(土)には書院にて落語会が開催されます。今春、絲原家に茶房十五代がオープンし、大正建築の中でご休憩いただけるようになりました。

秋の絲原記念館・絲原家をゆったりとお楽しみください。


→企画展チラシはこちら 秋季展2018.pdf