• 絲原記念館
  • 絲原家居宅
  • 絲原家書院
  • 絲原家庭園
  • 絲原家庭園
  • 絲原家庭園
  • 洗心乃路
  • 展示室(たたら
  • 展示室(美術工芸
  • たたら製鉄
  • 冬の絲原家

随時更新しています。
フォローお願いします♪









 

企画展開催中

企画展
「絲原家伝承コレクション展」
令和2年10日(木)~令和3年日(日)


たたら製鉄業を中心に繁栄してきた絲原家、数々の道具や美術品を所蔵しています。
その中には、茶人・松平不昧公ゆかりの美術品、島根ゆかりの塗師・勝木軍庵の工芸品なども多く、
大名偉人との交友の深さを伺い知ることが出来ます。
それら所蔵品をまとめた目録台
帳は道具類、来客用、松平家などに分類されています。

今回は絲原記念館開館40周年を記念して、台帳をもとに

代々の当主が大切に守り続けてきた品々を一堂に展示します。

 また長年使い続けてきた生活道具の展示からは、
絲原家の
生活の一端を垣間見ることが出来ます。

紅葉の秋、洗心乃路もひときわ鮮やかに、美しくなります。どうぞお楽しみください。

                       円山応挙「孔雀図」




                    ※ 館内の案内を無料にて行っております、ご希望の方は、事前にご連絡ください。
      案内は、1グループ20名様以下で、20名様以上の場合、複数グループに分かれて行います。

    ※ 都合により対応出来ない場合もありますので、ご了承ください。


 

お知らせ

 
 洗心乃路
 せんしんのみち


    秋と言えば貴船菊。
    京都 貴船神社に咲いています。あちらでは、鮮やかな濃い赤紫の八重咲です。
    洗心乃路では、白と薄いピンクの一重咲が可愛らしい表情をみせています。
    絲原家の庭園では八重咲が賑やかです。

      

               

                            サラシナショウマも満開


◆楓の葉も色づき始めました。紅葉の姿もお知らせしていきますね。
(まだ、0.5分咲きといったところです)




 

お知らせ

牛尾吉郎氏写真展
「奥出雲の風景と絲原家庭園」
11月29日(日)まで開催中

奥出雲の美しく流れる風景、綿々と受け継がれる文化を切り取った一枚
写真愛好家である牛尾吉郎さん(奥出雲町在住)の作品およそ40点を、記念館ホールに展示しています
ぜひご覧ください
(写真展の入場は無料です)

 

 

 
 

お知らせ

安全にご鑑賞いただくためのお願い

      ◆マスクを着用のうえご来館ください。また、咳やくしゃみをされる際は、マスク、ハンカチ、ティッシュなどで口をしっかりと覆う
      「咳エチケット」にご協力ください。
     ◆発熱、咳など風邪の症状や味覚・嗅覚障害の症状がある方、体調がすぐれない方はご来館をお控えください。
     ◆こまめな手洗い、手指消毒にご協力ください。
     ◆他のお客様との距離を2m以上あけてご鑑賞ください。
     ◆感染防止のため、壁や展示ケースに触れないようお願いします。
     ◆館内で体調が悪化した場合は、至急お近くの職員へお申し出ください。

記念館内の対策
      ◆記念館入口に除菌用アルコールを設置していますので、手指消毒にご協力ください。
     ◆館内の手すり、窓枠、ドアノブなど手指が触れる機会が多い場所に、定期的な消毒を実施しています。
     ◆対応スタッフはマスクを着用し、受付カウンターにシートをつけております。

お願い
              引き続き、感染予防・拡散防止へのご協力をお願いいたします。

 

お知らせ

【絲原家の出雲流庭園が国の名勝に指定されました!】

平成30年6月15日(金)、国の文化審議会より、絲原氏庭園を新たに国の登録記念物(名勝地関係)に指定するよう答申が出されました。
山々を借景とした絲原家の庭園は全庭1,188㎡(約360坪)の中に72㎡(
約22坪)の池泉を有する池泉回遊式の出雲流庭園です。

...

この場所は元はたたらの原料の砂鉄を採取した跡地で、江戸時代末年頃から築庭にかかり、約50年後の明治時代中頃に完成したものです。大正末期の主屋新築の際に庭園を整備され、その主要な部分が現在まで残っています。

庭園の特徴は書院前の飛び石組手法(細長い短冊石と丸い石の組み合わせ)にあります。出雲地方の特色ある意匠や植裁が確認され、その価値が明らかになったことから登録が行われました。

四季の移ろいも美しい、絲原家の庭園へぜひお立ち寄りくださいませ。

 
286826

ご案内

★絲原記念館、絲原家庭園、茶房十五代、お休み処砂鉄(食事)、売店に関するお問い合わせ、御予約は下記までお願いいたします。

電話 0854-52-0151        FAX 0854-52-0159
 メール 
ito-memo@okuizumo.ne.jp

 
〒699-1812  島根県仁多郡奥出雲町大谷856-18
TEL0854(52)0151 
FAX0854(52)0159
Mail  ito-memo@okuizumo.ne.jp