絲原観光グループ
公益財団法人 絲原記念館
絲原家住宅・出雲流庭園
絲原記念館売店・食堂 砂鉄
道の駅奥出雲おろちループ売店 望雲台
 

CHECK!

観光コースをご提案いたします。お気軽にお問い合わせください!

お食事のご予約はこちら▼  奥出雲包丁の販売はこちら▼ 
   
     
 


 
 

【最新情報】


平成29年度 春季企画展
「繊細に描かれた鳥たち」


本企画展では今年の干支・酉年にちなみ、絲原家に伝承する作品の中から、
鳥の描かれた作品を中心にご紹介いたします。

江戸時代後期に活躍した円山応挙1733-1795筆「孔雀図」をはじめ、
谷文晁
1763-1840筆「牡丹尾長鳥図」などの掛軸や絵画、
松江藩のお抱え蒔絵師として活躍し、絲原家にも逗留した
出雲の名工・勝軍木庵
(1802-1871)作「松竹梅折鶴高蒔絵」などの工芸品を展示。
茶道具コーナーには島根県指定有形文化財でもある
藤原定家
1162-1241筆「明月記断簡」などの掛軸をはじめ、
お花見に用いた茶道具などを展示しています。

また民具コーナーには絲原家14代の節句飾りをはじめ、雛人形、
長塩
雪山1774-1833)筆「文禄の役図」、子供たちの衣類などを展示しています。

 41日より林間散策路“洗心乃路”もご覧いただけます。
春の山野草や新緑もお楽しみください。



 
2017.6.4 まで開催中
 
 
宗紫石筆「枇杷錦鶏図」
 

祝!日本遺産認定
出雲國たたら風土記
~鉄づくり千年が生んだ物語~

鉄の道文化圏推進協議会を構成する雲南市と安来市、奥出雲町で申請していた
日本遺産について、平成28年4月25日付で文化庁の認定を受けました。
日本遺産は複数の文化財を結びつけて、地域に根付く物語を認定する制度です。
この度、認定を受けたのは「出雲國たたら風土記~鉄づくり千年が生んだ物語~」と題し、
たたら製鉄という産業がこの圏域の景観や文化にも影響を与える産業であり、
今もこの地にその景観や文化が息づいていることを描いた物語です。
(雲南市HPより引用)

絲原記念館では絲原家に伝わるたたらの歴史を古文書や写真、用具等で展示公開しています。
今後もこの貴重な資料を大切に伝承していき、地域に残していきたいと思います。


 
155944
〒699-1812  島根県仁多郡奥出雲町大谷856
TEL0854(52)0151
FAX0854(52)0159
Mail  ito-memo@okuizumo.ne.jp